海外留学前に保険に加入しよう|オプションの選択が重要

人ではなく物につく保険

バイク

被害者への治療費に使う

自動車だけでなく、バイクなどの全ての車両に自賠責保険の加入が法律で定められています。原付といえども車両なので自賠責保険の加入が義務付けられています。原付の自賠責保険は法律で定められているものですが、原付も事故の加害者になることから保険に加入していることは大きな意味があります。原付は自転車のように簡単に人に貸すことも多い乗り物です。自動車の任意保険の場合、運転者が所有者でなければいけないのような制限がついていますが、自賠責保険であれば人ではなく原付に保険がかけられているので、誰が運転していても保険が有効です。原付は自動車と比較して車体サイズが小さく、速度も遅いので事故になったときに被害者が重症になる割合は小さいものです。また複数の被害者が出る割合も低くなっています。しかし、被害者の治療にかかる費用は自賠責保険から仮渡金として支払う制度がありますので治療費の支払いに使うことができます。原付は自動車や大型バイクのように車検がないため、自賠責保険の期限が切れているのに気づかないことがあります。原付の自賠責保険の支払いはコンビニなどで簡単にできますし、加入料も自動車と比べると格安になっていることも人気の理由になっています。1年単位で保険料は支払うことができますが、まとめて支払うと割引率が大きくなるので、短期間で使っている原付を手放す予定がないのであれば、期限切れにならないようにまとめて支払っておくとよいでしょう。