海外留学前に保険に加入しよう|オプションの選択が重要

自転車の保険

自転車

加入方法について知る

自転車保険は近年注目されている保険です。自動車向けの保険と同じように加入するケースが増えてきていますが、現在はまだ加入率が低いのが現状です。自転車保険で最も重要なポイントは保障内容です。一般的には自転車に乗っている最中に自分が転んでしまった等でケガをしてしまった場合に保障をします。これはいわゆる傷害保険の一種で自転車に乗っている間のみを担保する保険となっています。しかし大きなポイントは相手をケガさせてしまった場合の賠償責任です。実際に自転車に乗って歩行者にぶつかった、または自転車同士がぶつかって相手がケガをしたなどの事故が相次いでいます。相手が高齢者で転んだ際に頭を強く打って後遺症が残った等で裁判に発展するケースもあります。このような重大な事故を引き起こす可能性が自転車にはある事をしっかり認識しておく事が大切ですが、このような場合に賠償責任を負うと個人で払う事は非常に困難になります。そこで自転車保険に付帯されている賠償責任が大きな役割を果たす事になります。現在自転車保険は自転車屋やインターネットで手軽に加入する事が出来ますし、保険料も月々数百円で済みます。万が一の事を考えた場合には自転車でも重大事故や重大なケガさらには死亡事故に発展する可能性も考えて、自転車保険には加入する必要があります。加入する際には保険会社各社の保障が異なります。保障の対象となる人や範囲も異なりますので、保険料と保障を比較して選ぶ事が大切です。