海外留学前に保険に加入しよう|オプションの選択が重要

3ヶ月という期間が問題

旗

サポート力を重視

多くの保険会社が販売している「留学保険」は、短いものだと3ヶ月です。契約内容も、一般的な海外旅行保険と大差ありません。保険料が安いと思って加入すると、期間が短い場合があるため注意が必要です。夏休みを利用して留学するというようなものでなければ、1年ぐらいの期間は必要になるでしょう。期間が1年以上に延長できるものもあります。長期間の留学ほど事故に遭う確率が高くなりますから、しっかりした留学保険をつけるようにしましょう。また、保険会社のサポート力も重要です。多くの留学保険は、ケガや病気などには対応していますが、保険会社によってサポート内容はさまざまです。保険に付けておいた方がいいのは、「航空機遅延費用」や「緊急帰国一時費用」などです。航空機遅延費用は、飛行機に乗り遅れた場合にサポートがあります。日本のように時間が正確なところばかりではありませんから、航空機遅延費用は付けておいた方が良いでしょう。緊急帰国一時費用なども、留学中に何かトラブルが起こったときに、帰国する費用が出る便利なものです。留学期間が長くなる場合は、付けておいた方が良いでしょう。「弁護士費用」なども、トラブルに遭ったときに、弁護士が利用できます。海外で盗難などに遭うこともありますから、弁護士に相談することができれば、心強いのではないでしょうか。何がサポートされるのか契約内容をよく確認した上で、留学保険に加入するようにしましょう。